社交的だと思われているけれど私は本当は内向的

私はかなりよく喋ります。
でも人と話すのが好きだからよく喋るのとはちょっと違うんです。
私のように、たくさん喋る人は人づきあいが良いというイメージを持たれるんですよね。
そのイメージは決して悪くないのですが、ちょっとプレッシャーになっている部分もあるんです。
私の場合、とにかくお喋りしたいから喋るというわけではなく、気まずい空気になりたくないから喋るという感じなんですよね。
今婚活をしている最中なのですが、婚活で出会う男性は初対面の方ばかりです。
もしお互い喋らなければ沈黙が続いてしまうので、自分から喋るしかありません。
昔は喋ることが苦手で沈黙してしまうタイプでしたが、自分から喋るようになると少しづつ会話のコツがわかってきました。
だんだんと相手が心を開き、話が弾むようになった時は嬉しいです。
それに無言だと相手がどんな人なのかわかりませんが、会話をすることでお互いの趣味や性格などがなんとなくわかってきますよね。
なので会話をすることはお互いを知ることであり、出会いのチャンスを広げることだと思うんです。
ただいかんせんお喋り好きではなくただ婚活をスムーズに進めるために喋っているだけなので、第一印象で社交的な人だと思われると後々困るんですよね。
後日食事に行った時に、私が少し喋るのを止めると実はつまらない人だと思われてしまうんです。
初対面の時に一生懸命に喋ったので、その時の印象が強いのでしょう。
本当は必要以上に会話したくないし、慣れてきたら静かな時間を大切にしたいと考えています。
でも相手が自分から喋らないタイプだと、結局こちらから話題を振らない限り話が弾まないんですよね。
そんなわけで婚活は妙に疲れます。
根っからのお喋りさんだったらどんな人とでも素直に会話を楽しめるのかもしれませんけど。
たぶん私が一緒にいて楽だと感じるのは相手の方からいろいろと喋ってくれる人でしょうね。
あまり喋らない物静かな本当の私を、愛してくれる人が現れてくれるといいのですが。