こじらせ女子の私の唯一の趣味が妄想

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

あまりに恋愛をしなさすぎて妄想ばかりするようになってしまいました。
それも可愛らしい妄想ではなくなかなか激しい妄想です。
10代の頃なら許されるかもしれませんが私はアラサー。
あまりに渇きすぎて妄想しないとやっていけない状態です。

どうせもうドキドキできるような恋愛なんてないだろうし、お金もかからないんだから妄想するくらい良いじゃないかと思っていました。
しかしこんな私にも転機が。
久しぶりにドキドキできる異性が現れたのです。

でも実は彼は知人のお兄さんで、彼の方は私を妹の知り合いくらいにしか思っていないかもしれません。
なのでもし私が彼の事を好きだと知ったら、気持ち悪がるのではないかと思ってしまいます。
良い歳をして私は交際経験がなく、男性を喜ばせることもできません。
それに告白をしたら彼の妹である知人とも気まずくなってしまう可能性があります。

そのため気持ちを伝えたくても伝えられない、そのモヤモヤがますます妄想をかきたてるのです。
最近の妄想はというと、知人には内緒で彼と付き合い、一緒にディズニーランドに行くというような内容。
そして帰りにドライブデートをして、彼がおすすめの曲を車で流して良いムードになり、最後は車の中で良いムードになってキスをする、そんなストーリーを頭の中に思い描いています。

妄想をしている間はお腹が空かないし幸せいっぱいになれるので、生きる活力になるんですよね。
彼はこんな妄想をされているなんて夢にも思わないでしょうね。
もし彼も私を好きになってくれたら、そんな幸せ他に無いとは思いますが100%あり得ないでしょうね。

でもこうやって妄想をしている間は楽しいのですが、だんだんと恋心が覚めてしまう時がくるんです。
そうするとまるで燃え尽きたように空っぽになってしまい、生きていることが楽しくなくなってしまうんです。
もう出会いもないし結婚もないだろうし、人生の中で楽しみが妄想しかありません。
このままアラフォーになってただ痛いだけのオバサンになってしまうのだと思います。